エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  ついにきたか。

ついにきたか。

スポンサードリンク

漫画を読むのが好きだ。
だから何?といわれればそれまでなんだけど。
結婚してからはなかなかいけないけれど、一昔前、若かった頃は
漫画喫茶で夜を明かし、翌日は夕方まで寝るという生活をしたものだ。


で、井上雄彦氏がモーニングで連載している、「バガボンド」が
年内で完結することが、公式ブログで明らかになった。
足掛け12年。
ようやく、というか、ついに、というか複雑だ。


井上雄彦氏といえば、あの伝説的バスケットボール漫画
「スラムダンク」で一躍時の人となったお方。
漫画なんて読まない、という人でも名前くらいは聞いたことがあるだろう。


この漫画を知ったのは、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」
という番組で、彼のことが取り上げられたのを見たときだ。


宮本武蔵の生きざまを、まさに命を削って書き続ける彼の様子に、
深く深く感動したものだ。


ライバル、佐々木小次郎は障害を持っていた、など
独自の解釈を織りまぜて書かれる武蔵の生き様は、とても面白い。
そして、その人物描写は生々しいくらいの人間くささに溢れていて
思わず共感してしまう。


ストーリーもすごいのだが、ほとんどが筆で描かれたその絵にも、
読者を引きずり込むすごいパワーを感じる。
これは本人しかできないから、アシスタントといい感じで分業、と
いうわけにもいかないし、本当に大変な12年を過ごしてきたと思う。


どんなことにも始まりがあれば、終りがある。
今年一年、バガボンドの行く末を見守っていきたいと思う。


そんなわけで読んだことのない人は、ぜひ読んでみてください。


| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。