エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  グリーンネイルの症状と治療

グリーンネイルの症状と治療

スポンサードリンク

最近、若い女の子の手を見ると、付け爪をしている人が多いですよね。

ネイルと違ってすぐに着脱が出来る付け爪は最近の人気らしいのですが、「グリーンネイル」という病気に注意が必要です。

グリーンネイルというのは、爪に生えるカビの一種で、爪で「緑膿菌」という菌が繁殖してしまう感染症の一種です。

この菌自体はそれほど恐れることはないのですが、これが元で別の大きな病気を引き起こすことがあるので、グリーンネイルの処置、治療はしっかりとしておきたいところです。

グリーンネイルはスカルプチャー(人工爪)が浮いてきた所に雑菌が繁殖して、カビが生えるために起こります。

だから、まずは付け爪が浮いた状態で長時間いないことがグリーンネイル防止の第一歩です。

それでもかかってしまったら、消毒殺菌してしばらくつけないのが一番。

病院でもグリーンネイル専用の治療がちゃんとあることが多いので、気になるようだったら早めに通院した方が良いですね。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。