エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  柴犬の賢い飼い方

柴犬の賢い飼い方

スポンサードリンク

渋谷のシンボルとも言えるハチ公は、柴犬です。

柴犬は日本に昔から住んでいる犬で、日本県の象徴とも言える犬種ですね。

病気の予防とか、ブラッシングの仕方とか、そういう飼い方は、本やインターネットで調べればいろいろ見つかりますが、意外に知られていないのが、芝犬のしつけ。

柴犬は、素朴な外見とは裏腹に、飼い主以外に決して心を開かない頑固な武士のような性格をしています。

また警戒心がとても強くて、自分より上の、リーダーと認めた人にしか懐きません。

逆に、自分の主人だと認められると、まさにハチ公物語状態の忠誠心をもって接してもらえるわけです。

そのため、子犬のうちから飼い始めて、しっかりとしつけを行うことが、大切になってきます。

柴犬は今では天然記念物なので、捨て犬というのはめったにいないと思いますが、人からもらうのはそんなわけで注意が必要です。

しつけとは叱ることですから、犬が好きで可愛がる人には、なかなかしっかりとしたしつけができないこともあるようです。

でも、柴犬を可愛がるのと、しつけをすることはまったくの無関係です。

野生の犬ならまだしも、人間社会で生きていく柴犬にとっては、しっかりとしたしつけを受けて、人間社会で生活していける知識を持つことの方が、幸せなことなのです。

最近の癒しブームやアニマルセラピーブームも手伝って、賃貸マンションでも、ペットOKなところが増えています。

もし、柴犬を飼うことがあれば、他の犬以上にしつけを意識してくださいね。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。