エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  知らないと損をする障害者年金の話

知らないと損をする障害者年金の話

スポンサードリンク

以前、介護度のお話をしました。

同じように、ある日突然障害者になったら、それは本人だけではなく、家族にとっても一大事。

そんな時のために、使える制度、補助を今からでも知っておくのはとても大切な事です。

障害者になったとき、介護の補助と一緒におさえておきたいのが障害者年金。

障害年金は、病気やケガなどによって、一定程度の障害の状態になった人に対して支給される年金のことです。

まず、障害者年金を受け取るための受給資格には以下の3つがあります。

1.傷害の原因となった傷病の初診日が、国民年金又は厚生年金保険の被保険者期間中であること。

2.初診日の前日までに一定期間の保険料が納付されていること。

3.障害認定日において、障害の程度が政令に定められた一定の基準以上であること。

ちなみに、もし20才前の病気やケガによって障害になった場合は、

20歳に達した時(障害認定日が20歳以後の場合は、その生涯認定日)に、障害の程度が1級又は2級の状態にあれば、障害基礎年金が支給されます。

また、20才に達した時あるいは障害認定日に障害基礎年金に該当する障害の状態でなくても、その後65歳に達する日の前日までに条件を満たせば、本人の請求により障害基礎年金が支給されます。

同様に、一定の障害の状態に至らないため障害基礎年金の至急を受けられなかった人でも、その後に悪化して、一定の障害の状態に至った場合には、65歳に達する日の前日までに請求をすれば年金は受け取れます。

これを、障害年金の事後重症制度といいますので、覚えておくといいと思います。

誰だって生涯健康で、障害と縁のない一生を送りたいとは思いますが、もしなったときのことを考えておくのは大切ですよね。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。