エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  結納の挨拶ってどんな挨拶?

結納の挨拶ってどんな挨拶?

スポンサードリンク

最近では、結婚している人でも「結納」という言葉を知らないそうです。

簡単にいうと、結婚で両家が親族になる(結びつく)ことを岩って、贈り物を収め合う儀式のことです。

一般的には新郎家から、新婦家へ、結納の品を納めることが多いですね。

本来は帯や着物地などに縁起物を添えて贈っていたそうですが、今は帯や着物の代わりに金子包み(結納金)を贈ることがほとんどです。

結納は、大っぴらにやるものではなく、両家の間だけでやる儀式で、この儀式が終わると、晴れて「結婚します!」という約束が交わされたことになるわけです。

ちなみにうちは、両親が古い考え方の人だったので、きちんと結納をしました(笑)。

結納ならともかく、釣書(つりがき、つりしょ)というのも書いて欲しいと、妻の実家からリクエストがあったので、それも書きました。

今時の若者は(あの頃は若かったです)、ほとんど書くことがないので、貴重な経験ができたなぁ、と思っています。

そんな僕もこれから縁があれば、親になって、もしかしたら結納を開く側になるかもしれないのですが、両家の父がうやうやしく挨拶をしていたのを思い出したので、メモっておきたいと思います。

たしか、

「ご丹精にお育てのお嬢様との結婚をご承諾いただきまして、有難うございます。
 結納の品々を持参致しましたので、お改めの上、幾久しくご受納下さい。」

「誠に、結構な結納の品々を頂きありがとうございます。
 幾久しく受納致します。」

という感じだったような気がします。

両方の父と仲が良かったのですが、あんな真剣なやりとりははじめてだったので、緊張してしまいました。

そんな思い出です。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。