エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  ルイ・ヴィトンの長財布にまつわるエピソード

ルイ・ヴィトンの長財布にまつわるエピソード

スポンサードリンク

ブランド物財布シリーズ(笑)、ついにこのブランドをご紹介するときがきました。

これこそ、知らない人はいない世界的ブランド「ルイ・ヴィトン」。

よくルイ・ビトンって書いている人がいますけれど、「ヴィトン」ですよ!!

ルイ・ヴィトンはもともとフランスのスーツケース職人であるルイ・ヴィトンがつくったブランドです。

ちなみに、本格的にルイ・ヴィトンが世界的なブランドになったのは創始者の死後、息子のジョルジュ・ヴィトンの頃からです。

1896年に公開されたLVとかかれた、あの特徴的デザインで「モノグラム・ライン」と呼ばれています。

金田一少年の事件簿でも紹介された、ヴィトンの有名なエピソードに、水に浮くトランクというものがあります。

当時、ヴィトンが使っていたトランクの素材は重い素材を使っていたため、水に浮きました。

今では軽量化のため別の素材を使っているため沈んでしまいますが、直系の子孫が責任者をつとめるオーダー部門に頼めば、昔ながらの水に浮くカバンをオーダーすることもできるそうです。

ヴィトンの長財布には、市松模様のようなダミエ、ヴィトンのシンボルとも言えるモノグラム、艶やかな光沢と深みのある色彩が特徴のエピ、といった様々なシリーズがあります。

デザイン性を追求するうえで開発されたものですが、スーツケースから出発しただけあって、その耐久性は折り紙付きです。

また、万が一壊れてしまっても修理を受け付けてくれるので、大丈夫。

まさに一生分のお金を預けるにふさわしい財布、というわけです。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。