エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  男性の職場での香水のつけ方

男性の職場での香水のつけ方

スポンサードリンク

一昔前は香水、といえば日本では女性だけのものでしたが、最近では男性も使うことが増えてきました。

女性へのアピールとして、つけられることが多いようですが、最近は職場でも使われるケースが増えてきました。

ただ、間違えたつけ方をすると、周囲を不快な気持ちにさせてしまうことにもなりかねませんので、注意が必要です。

これから香水を買う、初めて香水を使う、という初心者の方は参考にしてみてください。

香水のつけ方のポイントは、香水の種類とつける場所です。

ブランドなどについては、ランキングや周囲の評判などで決めればいいと思いますが、まずは香水の種類をおさえておくことです。

香水には濃度によって次のような種類分けがされています。

香りの継続時間が変わってきますので、シチュエーションに合わせて変えていく必要があります。

Parfum(パルファン)・・・15〜25%・・・5〜7時間
Eau de Parfum(オードパルファン)・・・10〜15%・・・4〜6時間
Eau de Toilette(オードトワレ) ・・・5〜10%・・・3〜4時間
Eau de Cologne(オーデコロン)・・・3〜5%・・・1〜2時間

次につける場所ですが、一般にいわれるのが耳のうしろ、うなじ、ひじの裏側、手首、ウエスト、内もも、膝の裏側、アキレス腱、といったところでしょうか。

体温の高いところは香りが出やすいことを覚えておくと香りの量がコントロールできます。

また、香水は紫外線の影響を受けやすいので、敏感肌の方は日に当たらない場所につけることをおすすめします。

最後に、香水は本人が考えるよりずっと香りが強いものです。

それほどでもない、と思っていても周りは香水臭い、と思ってしまうことがありますので注意してくださいね。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。