エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  喪主になったときの挨拶のポイント

喪主になったときの挨拶のポイント

スポンサードリンク

ならずに済むならなりたくないのが喪主。

常に弔問客の注目を浴びますから、悲しみと緊張で相当消耗します。

でも、故人が安心して旅立てるように、そして故人がお世話になった人たちと、これからもより良いお付き合いができるようにしっかりとつとめあげたいものです。

喪主の一番の仕事はやっぱり挨拶ですね。

僧侶への挨拶、弔問客への挨拶、通夜振る舞いの挨拶、出棺時の挨拶など、とにかく挨拶をする場が多いです。

特に出棺のときの喪主挨拶は、会葬者全員を前にして挨拶しますから大役です。

というと、緊張や不安が倍増することになるかもしれませんが、大丈夫です。

葬儀に出席される方はみんな好意的ですから、多少失敗しても構いません。

ポイントは、ちょっと抽象的になりますが、とにかくゆっくりと、心を込めて話すことです。

それでも緊張してしまう、という場合は原稿をメモしておいてそれを読み上げても構いません。

よく、挨拶といえばスラスラとそらで暗唱しなければいけない、と考える方が多いようですが、喪主として参列者に感謝する心がこもっていれば、形にこだわる必要はありません。

喪主の役目はいい挨拶をすることではなく、参列者を心でもてなすことです。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。