エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  読めそうで読めない間違えやすい漢字が売れている

読めそうで読めない間違えやすい漢字が売れている

スポンサードリンク

漢字が読めるけど書けないことって多くないですか?

これってやっぱりパソコンばかりに頼りすぎているせいでしょうか?

でも、履歴書とか(今はパソコンで作るのも許されるようになってきましたが)手書きがメインになるものを書くとき、不便なんですよね。

どうやらそう考えている人は僕だけではないらしく、最近漢字のことを取り上げた商品がいろいろ出ています。

DSのソフトだったり、テレビ朝日の「クイズプレゼンバラエティーQさま」の企画だったり。

そしてなんといっても漢字のことを扱った本が増えました。

その中でも、最近一番のベストセラーになっているのが出口宗和氏のかいた「読めそうで読めない間違えやすい漢字」。

二見書房から出ていて、正しく読んでいるつもりが実は間違えている誤読の定番漢字1500個を知ることができます。

他にも、読めそうで読めない漢字2000 (講談社プラスアルファ文庫) 加納喜光氏 といった漢字シリーズがいろいろ出ているので、通勤通学の時にパラパラ見るだけでも賢くなれるかもしれませんね。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。