エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  働く両親の強い味方キッズベースキャンプ

働く両親の強い味方キッズベースキャンプ

スポンサードリンク

少子化の影響で塾や子供を対象にした塾や保育園、幼稚園などの市場がどんどん狭まっているそうです。

その反面、共働きの家庭が増えて幼稚園や保育園はなかなか入所出来ないという不思議な現象が起きています。

そんな中、首都圏で民間学童保育施設を運営するキッズベースキャンプが鉄道駅に直結した日本初の学童保育園をオープンしました。

場所は、東急電鉄が東急田園都市線「たまプラーザ」駅周辺で進めている、地域開発の中核施設「ゲートプラザ」(横浜市青葉区)内。

立地の利便性に加えて、充実した保育プログラムで他社との差別化を図っています。

キッズベースキャンプでは、急な残業にも対応できるように預かり時間を最大で22時までに設定し、学校から保育園、保育園から自宅・駅までの送迎サービスもあります。

また、キッズコーチ(指導員)がつくる夕食の提供や、さらにはビジネスの仕組みを学ぶ「キッズMBA」、英語学習、農業体験、野外キャンプなど、自然や環境への理解、公共心など、知的好奇心を伸ばすような多彩なプログラムも用意されています。

たまプラーザの中には、他にも室内遊具場や神奈川県では最大規模となる「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」といった施設も入っています。

こういう保育園、幼稚園、託児所がもっと増えれば、お父さん、お母さんは安心ですね。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。