エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  夏の登山に使う登山服の選び方

夏の登山に使う登山服の選び方

スポンサードリンク

毎年、正月明けのニュースは必ずといっていいほど、冬山登山をして行方不明、といった登山関係の事故のことが話題になりますね。

昔登山部だったこともあるので、冬山の魅力はよくわかっているのですが、冬山は慣れた人でも危険です。

その点、これからの季節の登山は比較的安全で、高山植物もきれいで、難易度としては低めで、初心者が登山を始めるにはいい時期といえます。

登山で大切な要素のひとつに、服=登山服のことがあります。

日帰りで行けるハイキングコースを登る時だって、普段着のままで適当に、というのは大変危険です。

夏といっても山の上は寒いので、服の素材の選び方を間違えれば、それだけで快適性の損なわれた登山になり、最悪の場合死につながることもあります。

今日は夏の登山のための登山服のことを取り上げます。

登山は他のスポーツと異なり、とても長時間の運動になります。

そのため、アンダーウェアはなかなか着替えることが出来ません。

だから吸湿性は良くても乾くのが遅いコットンは向いていません。

ポリエステルなどの化繊や、専用の特殊素材を使ったものが望ましいです。

もちろん冬は、それプラス保温性の高いものを選ぶ必要があります。

普段着をそのまま使うより、多少お金はかかりますが、やはり専用のものを揃えた方が快適な登山ができます。

また、最近の登山着はおしゃれなものが多く、作りがしっかりしているので、長持ちする普段着としても使えますよ。

夏の登山は暑かったり寒かったりの繰り返しです。

登っているときはTシャツ一枚でも暑いのに、少し休むときや稜線に出たときは急に寒くなったりといったことが多々あります。

そのため、夏の登山で使う登山服は脱いだり着たりの繰り返しをすることが基本になります。

上着は着脱がしやすいものを選び、いつでも取り出せる場所に収納しておくのが、夏の登山のコツです。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。