エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  就活を有利に進めるキャッチフレーズの作り方

就活を有利に進めるキャッチフレーズの作り方

スポンサードリンク

景気は上向いている、といわれ続けながらもまだまだ就職難は続きます。

大学生の場合、遅くても3年生から。

早い人だと2年生から就活(就職活動)を初めているようですね。

最近、就職活動中の学生は、自分で名刺を作るそうです。

担当者に少しでも自分を印象づけるための知恵というわけですね。

その中で特に重要といわれるのが、自分のキャッチフレーズ。

詳しいことは履歴書を見てもらうとして、まずは自分という人間を相手に理解してもらうための重要なキーワード。

ポイントは3つ。

・難しい単語は使わない
・自分が自信を持って話せる得意分野からつくる
・どんなに長くても25文字以内

自分のキャッチフレーズを作る意味は名刺に載せるためだけではありません。

いざ面接という段になって、プレッシャーで練習してきたことが言えなくなってしまうことがあります。

そういうとき、とにかく一言で自分を伝えるとしたら、と振り返るときに役立ちます。

また、自分のアピールポイントを考えるときも、一つ軸が決まっていると、一貫性のあるものがつくれるのでおすすめです。



| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。