エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  再就職手当てをお得に受け取る方法

再就職手当てをお得に受け取る方法

スポンサードリンク

終身雇用がなくなった今、一生を一つの会社で過ごすということはほとんどなくなりましたね。

努力と運で再就職がめでたく決まった!

そんなときに忘れては損をする制度があります。

それが「再就職手当て」。

再就職手当ては、失業手当受給者に支給される雇用保険の就職促進手当ての1つ。

支給される条件としては、ハローワーク(公共職業安定所)で手続きを行って受給資格が決定した後、基本手当ての給付日数を一定以上残して再就職した場合に支給されます。

対象は就職して雇用保険の被保険者になる場合や、事業主となって雇用保険の被保険者を雇用する場合が対象。

就職活動に気をはりつめ、ようやく決まったと気が抜けて忘れてしまうことが多いそうです。

もらえるものはしっかりもらいましょう。

さて、手続きの方法ですが、期限は再就職した翌日から1ヶ月以内。

事業主の署名と捺印がある再就職手当支給申請書に雇用保険受給資格者証を添えてハローワークに提出すればOKです。

原則としてこの申請期間を過ぎると支給されませんのでご注意くださいね。

ただし、事業主の事務上の都合や事情がある場合など、特別な場合については、延長しなければならない理由が終了した翌日から7日間は延長が可能ですので、あきらめずに申請してみましょう。

なお、再就職手当ての支給額は、支給残日数の3分の1に相当する日数に基本手当日額を乗じた額です。

場合によっては、かなりの額が支給されることになるので、派ローワークで確認してみてください。

支給日は、申請後1ヶ月から1ヶ月半の間は調査期間で、支給が決定すると本人宛の郵便で報告され、被保険者指定の銀行口座に振り込まれます。

退職・就職の合間は何かとお金がいります。

損をしないように、しっかり手続きしましょう。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。