エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  ワックスペーパーのカンタンな作り方

ワックスペーパーのカンタンな作り方

スポンサードリンク

ワックスペーパーってご存知ですか?

きっと誰でも知っているけれどそんな名前というのは意外に知られていないんじゃないでしょうか。

ドーナツやコロッケを買ったときにそれが包まれているあの油紙のことです。

油気のある惣菜やお菓子を包むのはもちろん、水を通さないことからいろいろなものが包める便利さと、最近だとかわいくオシャレな柄で、様々な大きさのものが販売されているので人気ですね。

そんな便利なワックスペーパーですが、実は自分で作ることができるってご存じですか?

オリジナルで作れば大きさはもちろん、どんな柄も自由自在です。

作り方はとってもカンタン。

用意するのはあらかじめお好みの柄を印刷した紙と蜜蝋(みつろう)。

蜜蝋はアロマテラピーやハンドクリームづくりなどで使われるので、雑貨屋さんなどで手に入ります。

紙をクッキングペーパーで挟みます。

あらかじめ細かく砕いた蜜蝋をまぶしてアイロンをかけ(片面づつ両面に)、新聞紙などの上に広げて乾かせば出来上がりです。

最初はムラができてしまうかもしれませんが、いくつか作ればコツがつかめてきます。

ひとつアドバイスとしては、袋状のワックスペーパーを作りたいときは、先に両面テープで袋にしておきます。

蜜蝋をかけたあとでは両面テープもノリもききませんからね。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。