エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  タイヤワックスの上手な使い方

タイヤワックスの上手な使い方

スポンサードリンク

梅雨時は、せっかく車を洗っても雨にやられて・・・ということが多くて憂鬱ですね。

ところで、車のボディはいつもきれいにしていても、タイヤは意外に放ったらかしにされているものです。

せっかくきれいな車でも、タイヤが汚ければ全てが台なしです。

でも逆に、タイヤがきれいだと、車は見違えるほどきれいに見えるものです。

そこで今日はこんな季節だからこそこだわりたいタイヤワックスの上手な使い方について考えてみましょう。

タイヤワックスは、カーワックスやコーティング剤ほどは目立ちませんが、よく見ると結構な種類がそろっています。

昔はツヤ出しを塗るしか方法がなかったタイヤのお手入れですが、スプレー式やムースのタイヤワックス、最近では液体や固形のものまで登場するなど、なかなか充実してきました。

一般にスプレー式、ハンドスプレー式、ワックスタイプ、とあるのですが、使いやすいのはスプレー式です。

泡状になっていて、タイヤを洗わなくても濡れたままでもOKで、泡を吹きつけてしばらく置くだけで汚れが落ちてつやがでます。

ただ、泡状タイプは風があったりすると均一に塗れませんので、少々コツがいりそうです。

メーカーは推奨していませんが、雑巾等に吹きつけて塗るといいかもしれませんね。

ちなみにタイヤワックスには、汚れを落としてつやを出す以外にも、タイヤの劣化を防いだり、ひび割れを防ぐ効果があるものもあります。

ですから、いいタイヤワックスを見つけて、それを継続的に使うことは、見た目だけではなくカーライフそのものにとってプラスになりそうです。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。