エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  コストコ新三郷倉庫店のお得な使い方。

コストコ新三郷倉庫店のお得な使い方。

スポンサードリンク

埼玉県三郷市のららぽーと新三郷の中に、COSTCO(コストコ)というお店があります。

これはどんなお店かというと、アメリカに本社を置く会員制倉庫型卸売小売チェーンで、日本では新三郷倉庫店をはじめとして、9店が展開されています。

取扱い商品も、家庭用品から家電、カー用品、アウトドア用品、オフィス用品、医薬品、食品などかなり幅広い品揃えになっていますので、お買い物はもちろん、見るだけでも一日楽しめる施設です。

ちなみに、今後は宮城、静岡、愛知、京都、大阪、広島といった都道府県でオープンの予定だとか。

さて、コストコで買い物をするには、日本では法人なら3,675円、個人なら4,200円の年会費を支払って会員になる必要があります。

この会員になっておけば、世界中のコストコでお買い物ができるというわけ。

さて、ついこの数年まで一部の人にしか認知されていなかったコストコも今ではすっかり有名になりました。

何でもかんでも外国産というイメージが強いですが、生鮮食料品は国産のものも多く、スーパーで買うより断然お買い得。

でも・・・何でもビッグサイズなんですね、コストコの商品は。

業務用ならともかく、個人ではちょっと・・・。

でも、そこであきらめてはもったいないです。

友達や知り合いと分け合えば、量単価を下げることができますよ。

それでも年間4,000円は高いという方はこんな使い方をされてみてはいかがでしょう。

コストコには全商品に、会員が満足しなかった場合、返品のできる「商品保証」が付いています。

これは日本で多い「未使用品に限り」という制限がありません。

もちろん悪質なクレームまがいの返品は受け付けてもらえないでしょうが、ちゃんと使えるか、自分に合うかが買う前では確認しづらいものを安心して買うことができるわけです。

この安心代として1年間4,000円というのは、充分お得な気がします。

また、1年以内で価値がないと判断するなら、この会員費も返金に応じてもらえます。

きめ細やかなサービスは日本人の専売特許かと思われていましたが、コストコはかなりイケてると思いますね。


ちなみにコストコでお買い物をするときに注意するポイントが一つ。

コストコには日本のようなレジ袋はありません。

レジでコストコバッグというバッグを買うことはできますが、それならマイバッグを持って行った方が、お金を節約できます。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。