エブリデー実践日記TOP ≫  日記 ≫  ロストワックス製法で継手を作る方法

ロストワックス製法で継手を作る方法

スポンサードリンク

個人の趣味として銀細工が流行っているそうです。

自分で使うためのアクセサリが100%オリジナルでつくれるというのは、好きな人にはたまらない魅力なんでしょうね。

そういえば、東急ハンズなどをのぞいてみると、銀細工のための材料や工具がたくさん売っています。

一昔前だったらハンドメイドの銀細工というと、銀粘土(アートクレイシルバー)を使って粘土細工からガスコンロで焼成する簡単なものが主流でした。

でも、最近だと本格的なロストワックス製法が家庭でできるキットなんかも売っています。

ロストワックスというのは、ロウで製品と同じ形状を作り、周りを鋳砂で覆い固め、ロウを溶かして除去することによってできた空洞に金属を流し込む技術。

銀細工以外にも、ゴルフクラブ、美術工芸品、シルバーアクセサリ、タービンブレード、鉄道模型の精密な部品といった複雑な形状のものをつくるときに使われています。

アクセサリの重要なポイントになる継手も凝ったつくりにできるし、失敗して気に入ったものができるまで何度でもやり直せるのもいいですね。

最近だとロストワックスを取り上げた教本がいろいろ出ています。

いきなり道具を買い揃えるのは、値段も高いので躊躇してしまう、という人は1回完結の教室も開かれているので調べてみるといいと思いますよ。

でも、ああいう道具を見ていると、職人さんっていう感じがしてカッコよくてつい買ってしまいそうになりますよね(笑)。

・・・銀細工とかやったことないのに。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。