日記

スポンサードリンク

地震に対する備えできていますか?

3月11日の東北地方太平洋沖地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

僕がいる関西は、直接的な被害はありませんでしたが、こんな時なので、地震保険について調べてみました。

多くの人は、火災保険には入っていても地震保険には入っていないだろう。

地震保険は、火災保険で補償されない地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする、火災・損壊・埋没・流失によって建物または家財が損害を受けた場合に保険金が支払われるというもの。

単独では契約できず、火災保険とセットで契約する必要があるようです。

地震保険は、地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的。

民間保険会社が負う地震保険責任の一定額以上の巨額な地震損害を政府が再保険することにより成り立っているので、支払われないことはないでしょう。

ご自身や家族のため検討してみるのもよいでしょう。
| 日記 |

就活を有利に進めるキャッチフレーズの作り方

景気は上向いている、といわれ続けながらもまだまだ就職難は続きます。

大学生の場合、遅くても3年生から。

早い人だと2年生から就活(就職活動)を初めているようですね。

最近、就職活動中の学生は、自分で名刺を作るそうです。

担当者に少しでも自分を印象づけるための知恵というわけですね。

その中で特に重要といわれるのが、自分のキャッチフレーズ。

詳しいことは履歴書を見てもらうとして、まずは自分という人間を相手に理解してもらうための重要なキーワード。

ポイントは3つ。

・難しい単語は使わない
・自分が自信を持って話せる得意分野からつくる
・どんなに長くても25文字以内

自分のキャッチフレーズを作る意味は名刺に載せるためだけではありません。

いざ面接という段になって、プレッシャーで練習してきたことが言えなくなってしまうことがあります。

そういうとき、とにかく一言で自分を伝えるとしたら、と振り返るときに役立ちます。

また、自分のアピールポイントを考えるときも、一つ軸が決まっていると、一貫性のあるものがつくれるのでおすすめです。



| 日記 |

韓国語は誰でも身につく

日本語だけでなく他の言語もマスターすると生活に幅が広がりますね。

当然、一番人気があるのは英語ですね。世界の公用語といってもいいくらいです。学校の授業でも必修ですし。

ただ、習得のしやすさで考えると、英語や中国語よりも、何といっても韓国語がマスターしやすいです。

文法や単語も日本語と似ているので、早い方なら、3ヵ月とかでネイティブの会話が聞き取りできるようになったりします。

あの図形みたいな文字も、実はローマ字を覚える程度の努力で身につけることができますよ。

字幕や日本語吹き替えなしの韓国ドラマDVDも販売されているので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。