日記

スポンサードリンク

簡単手作り小物の作り方

最近、手作りの小物をつくることが流行しているそうです。

そういえば電車の中でも、手作したと思しきバッグや巾着をもった女性をよく見ます。

そのままだといかにも駅前で配られましたっていう感じのポケットティッシュもかわいいカバーをつければ全然印象が変わって見えます。

あと、ブックカバーやペットボトルケースなんかも手作りできます。

手作り小物を始めるのに用意するのは布と糸と針だけ。

ミシンなんかがあると、作るスピードも上がります。

小物用ですから、そんなに高性能な高いものじゃなくても大丈夫。

最近だと10000円を切るものもありますし、新品にこだわらなければオークションなどでさらに安く手に入ります。

インターネットのホームページでも手作り小物のことを扱うサイトが増えました。

印刷すればすぐに使える型紙のデータをダウンロードできるところもあるので、それらを使えば準備も簡単です。

さらには製作過程を写真はもちろん、動画で公開してくれているところもあるので、わざわざ本を買わないでも始められます。

あと、最近だと100円ショップなんかでも手作り小物をつくるための材料をいろいろ取り扱っていますね。

かわいい布はもちろん、水で濡らしてアイロンがけするだけで転写できるシールなんかも売っています。

独立したコーナーを設けているお店もあって、いろいろな種類の材料を扱っているので、見ているだけで楽しいです。

手作り小物は自分で使うのはもちろん、人にあげてもよろこばれますのでもし興味がある人は、ぜひやってみてください。

もしかしたら、一生ものの趣味になるかもしれませんよ。
| 日記 |

警察手帳の意外な秘密

子供の頃、警察ごっこってやりませんでしたか?

僕は、警察と泥棒にわかれて、オモチャのピストルや警察手帳を使って遊んだものです。

ところで皆さん、実際の警察手帳ってみたことあります?

普通の人は本物は、ないでしょうね。

実際の警察手帳ってどんなものなのでしょうか。

2002年のデザイン変更から、警察手帳は身分証明書としての機能だけに絞られたため、手帳表面に文字やマークは一切なくなりました。

手帳なのに、中にメモ用紙がはいっていないんですね。

気になる中身は身分証明書になっていて、その人の制服着用時の写真が貼ってあって、名前と階級が日本語と英語表記で記入されています。

ちなみに写真は更新されるまでそのままなので、階級が変わらない限りはずっと当時のままだそうですよ。

警察官に警察手帳の提示を求めると、必ず中身を開いて見せてくれます。

ドラマでよく見られる胸ポケットからちらりと見せるだけ、というのは怪しいです。

警察手帳は、警察法第68条1項と同施行令第9条1項で警察官に貸与することが定められており、携帯義務があるそうです。

私服であろうと勤務中は持っておかなければいけないんですね。

警察手帳は紛失した場合は「戒告」など厳重な処分が下される大切なもの。

失くさないように茄子環(なすかん。留め金具の一種)付のひもが付いていて、これを衣服の一部に留めておけば取り落としても紐でぶら下がり、すぐに分かるようになっています。

あと、外革、表紙にシールなどを貼ってはならないことも決められているそうです。

埼玉県警察でプリクラを貼った警察官が処分されたこともあるらしいですよ。
| 日記 |

赤ちゃんの便秘解消法

特に女性に多とされる便秘。

実は、赤ちゃんにもあるんですね。

歯が生える前は液体しか口に入れていないのに、それでも便秘は起こる、不思議なものです。

さて、赤ちゃんの便秘ですが、たかだか便秘で・・・と思われる方が多いかもしれませんが、実は通院している赤ちゃんが多いのも事実。

消化吸収の機能が十分にできあがっていない赤ちゃんにとってはよくあるトラブル、かつ、重要な問題なのです。

新米お母さんは、たかが便秘、と思わずきちんとしたケアをしてあげるようにしてくださいね。

さて、赤ちゃんの便秘、まずは原因から。

主な原因は、食の細い赤ちゃんだとどうしても水分不足で便秘がちに。

これは育つに連れ解消することが多いですが、体重の増え方が気になるという場合はお医者さんに相談するといいでしょう。

母乳やミルクから離乳食に切り替わるときも便秘になることが多いですね。

水分を多くとらせることが大切なポイントになってきます。

また、大人と同じで運動不足も便秘の原因になります。

さて、病院は最終手段ですが、その前の段階、便秘がちな赤ちゃんのケアの第一歩はやはり家庭。

食生活の見直しや、おなかのマッサージ、そして赤ちゃんのストレスのケアが中心になります。

効果がなければ綿棒浣腸という流れになりますが、日々の自然なケアで解決することが多いものです。

基本的に2、3日の波だったらそれほど気にすることもないでしょう。

ただ、1週間近く続くようならお医者さんにみてもらい、きちんとした対策による解決が必要になるかも知れません。

小さいうちは何かとトラブルが続きますが、1日1日大切に育てていけば、大丈夫ですよ。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。