日記

スポンサードリンク

総務の仕事って何?

会社にはいろいろな仕事があります。

そのどれが欠けても回りません。

そんな会社の仕事の中でもっとも守備範囲の広い仕事が「総務」です。

大きく言うと、社員が働きやすい環境を整えて、業務に支障がでないようサポートする仕事ですね。

具体的には、

文具や机、収納棚、PC、書籍など、会社で使うあらゆる備品を手配したり、

福利厚生制度を整備したり、

建物自体のメンテナンスに関わったり、

防犯、防災にとりくんだり、

省エネやオフィスの快適性向上に取り組んだり、

社内イベントや地域交流の間に立つ

といった内容になります。

部署を超えていろいろな人達と関わることができるので、人が好きな人には向いている職種ですね。

逆に、スケジュールや金銭感覚、コミュニケーション能力が求められる職種でもあります。

縁の下の力持ち、総務のお仕事。

みなさんが普段当たり前に使っているオフィスや備品も、この人達のおかげなんですよ。

ちなみに今の妻の配属先も総務部です(笑)。
| 日記 |

視力低下を止めるには?

みなさんは目がいいですか?

僕は、かなり悪く、メガネがなければ生活ができません。

原因は、どうみてもパソコンばかり見ているからですね。

・・・といっている今もパソコンでブログなんか書いているわけですが。。。

視力低下の原因は、一昔前だったら、暗いところで本ばかり読むから、というのが相場だったのですが、今はさらに複雑になりました。

テレビゲームやパソコンを使う時間が圧倒的に増えたための目の疲労。

ドライアイや逆さまつげといった、外的な要因。

ストレスによる栄養の不足

などなど、数え上げればきりがありません。

視力の低下を止めるには・・・当然原因はわかっているのですからそれを改めればいいのですが、そうもいきませんよね。

パソコンを使うなといわれても無理だし、ストレスをなくせといわれてなくせたら苦労しません。

それから、これはあくまでも仮説なのですが、メガネやコンタクトによって視力がさらに悪くなるという話もあります。

骨が折れたり、ケガをしたら、その部分を動かさないようにしますよね。

で、それが治ったら、リハビリをして筋力を回復させます。

視力が落ちているというのは、ものにピントを合わせるための筋肉が弱っているということです。

それを、無理やりメガネやコンタクトで補うというのは、弱っている筋肉にさらに楽をさせるということですから、ますます弱ることになります。

視力を上げるためには、むしろ目の筋肉を鍛えてやらなければいけません。

目のトレーニングに関する資料はいろいろあります。

まだ仮説の話なので、すぐに飛びつくのは考えものですが、自分なりに調べて、取り組んでみるのは、少なくとも、悪化を止めるという意味では有効かもしれません。
| 日記 |

老老介護問題って何?

どんなに疲れていても、一晩寝れば元気ハツラツだったあの頃はどこへ(笑)。

そろそろ自分も若くないということを自覚してから、少しずつですが、介護のことを考えるようになりました。

今日はこんな話題です。

老老介護って言葉をご存じですか?

家庭の事情などで、高齢者が高齢者の介護をせざるをえない状況のことで、高齢化社会をつくる日本のような国に見られるケースだそうです。

家族が共倒れしてしまう危険性や、介護疲れで心中事件を起こすことがあったりと、社会問題として最近クローズアップされてきました。

さらに、認知症の高齢者を介護する側も高齢者のために、認知症になってしまい、適切な介護が出来なくなる「認認介護」という状況も増えているそうです。

老老介護や、認認介護でやっかいなのが、第三者が入る必要があるにもかからわず、プライバシーや、家庭内の複雑な事情が手伝って、なかなか家庭内に入れないということです。

施設やサービスとしての介護体制を充実させるのはもちろん重要ですが、近所づきあいや、地域との関わり、といったもっと小さなところでもできることはあるんじゃないかと思うのですが、みなさんはどう思われますか?
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。