日記

スポンサードリンク

パワーストーンとの相性の見つけ方

一昔前はアクセサリやジュエリーといえば女性の専売特許でしたが、最近では男性でも普通につけるようになりましたよね。

デザインはもちろん、金運や恋愛運などを上げる、いわゆるパワーストーンを使うのが最近のトレンドだそうです。

ところで、パワーストーンには付ける人との相性があるというのをご存知ですか?

例えば、体力に自信がなくて元気をもらいたいとき、そういうエネルギーをくれる石は何種類かあります。

でも、その中でも付ける人と相性のいい石と悪い石があるそうです。

石と人の相性を見つける方法はいくつかあるのですが言われるものを1つ紹介しておきますね。

基本的な考え方としては、火の民は火のエネルギー(朱霊)を持った石、水の民なら水のエネルギー(水霊)を持った石という感じ。

自分が何の民かを自分で出すのは少し難しいので、簡単に診断できるホームページを使うか、専門家にみてもらうのがいいでしょう。

その上で、石の色からその石のもつエネルギーの種類を見て選ぶといいですね。

基本的には

火のエネルギー・・・赤や桃色

水のエネルギー・・・青や紫

金のエネルギー・・・黄色や金色

土のエネルギー・・・黒や茶色

風のエネルギー・・・白や緑色

僕個人はこういうことはあまり信じていないのですが、心から信じることそのものが力になるというのはあると思うので、これで精神的に癒されたり、勇気づけられるのなら活用してみるのもありだと思います。

| 日記 |

こだわりの手作りペンケースの作り方

小物作りブームがきて数年。

爆発的ではないものの、安定した長いブームのようです。

自分で使うものを作れることから節約、というのもメリットですが、細かいことに集中することや作業に没頭できるストレス解消や癒し効果のある趣味という面での人気があるようです。

小物作りというととても幅が広いですが、一つ二つ作ってみて、これから中級者へのステップに進もうとする人におすすめなのがペンケース。

ペンケースは人前で使うことが多いのでそれなりに見栄えのするものを作ったほうがいいでしょうし、ジッパーを付ける作業があるので、巾着袋より難易度が高くやりごたえがあります。

基本的には裏返しの状態で作って最後に表を返して完成なのですが、この表面が見える瞬間がたまらないんですよね。

作り方は写真をふんだんに使ったブログで紹介されていたり、動画で公開されている方もいるので、それを参考にすると分かりやすいです。

教本もいいですが、一般の方の書いたページの方が、プロではつまづかないから気づかないけれど、初心者が引っかかりがちなところが解説されたりしていておすすめです。

生地やジッパーは好みがあるので、楽しみながら選んでいただければいいと思います。

ちょっと自信がないという方におすすめなのが、型紙の無料ダウンロードサービス。

ホームページから印刷するだけで型紙が手に入り、その通りに布をしつけて作れば自己流で作るより失敗する危険が減ります。

お店では売っていないオリジナルのペンケースは愛着がわいていいですよ。
| 日記 |

ポール・スミスのキーケースのこだわり

大人の男性だったら、オシャレにもこだわりをもちたいところ。

人が持っているから、とか、有名だからだけではなく、自分なりに理由を持って買ったものなら愛着もわくし、自然と似合ってくるから不思議です。

そこで今日はそんな大人の男性向けのこだわりオシャレアイテム ポール・スミスのキーケースについて書きたいと思います。

ポールスミスはイギリスの有名なブランド。

日本ではかなりの認知度を誇っているので、少しでも海外ブランドに興味がある人なら知らない人はいないでしょう。

ただ、いがいなことに本国イギリスではそれほど人気のあるブランドではないそうです。

ちょっと意外ですね。

日本ではメンズはジョイックスコーポレーション、レディースはオンワード樫山がライセンス生産をしています。

ちなみに、日本以外のマーケットではメンズはポールスミス社、レディース、ポールスミスウーマンはオンワード樫山のイタリア現地法人ジボ・コー社が製造販売をしています。

「ひねりのあるクラシック」をスローガンにしたデザインが評価され、2000年にはエリザベス女王からサーの敬称で呼ばれるナイトに叙勲されています。

ファッションデザイナーとしてこの称号をもらったのはハーディ・エイミスに続き2人目なのだとか。

ちなみに創設者のポールスミス自身はデザイン画をかかないデザイナーなのだとか。

また日本製のものは、デザインも日本市場向けに限定されたものが多いそうです。

イギリス生まれの伝統を受け継いたデザインながら、日本と密着したブランドというのが日本人の、特に男性の心を掴んでいるんでしょうね。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。