日記

スポンサードリンク

都心初の本格アウトレットモール ヴィーナスフォート

お台場にあるヴィーナスフォートは、「女性のためのテーマパーク」を全面に押し出したテーマパーク型アウトレットモール。

1999年8月25日に、お台場パレットタウンウエストモール棟の2階と3階を使ってオープンしました。

ショッピングモール内は18世紀のヨーロッパの美しい街並みが再現されていて、ファッション、雑貨、レストランなどのお店があり、その数はなんと160。

このショッピングモールはテーマパーク型といわれるだけあって、イベントなども多数開催されています。

また、天井が吹き抜けになっていて、時間によって青空から夕暮れ、そして夜へと景観が変化する様子は見ているだけでもあきません。

さて、このヴィーナスフォートですが、一回、閉鎖の予定が持ち上がったことがありました。

2010年6月、パレットタウン全体の撤去に伴い、現在パレットタウンのある土地は、森ビルとトヨタ自動車によって再整備が行われ、2013年には、商業施設や新型観覧車などがつくられることが決定していたそうです。

しかし、経済状況の変化や社会情勢の悪化などを理由に施設の解体は延期され、営業も当面の間継続されることになりました。

ヴィーナスフォートでのショッピングが趣味の人には嬉しい話ですが、日本の経済はまだまだ、というところでしょうか。

少し複雑です。

ちなみに、ヴィーナスフォート館内の音響は、BOSE社のBMS(ビジネスミュージックシステム)が採用されているそうです。
| 日記 |

ベスト電器が家電品のアウトレット専門店を展開

九州を基盤にする家電用品販売店「ベスト電器」がアウトレット家電専門店を続々オープンさせているそうです。

アウトレットというと、洋服やバッグを想像しますが、家電でもあるんですね。

ベスト電器は、直営店、フランチャイズをあわせて全国500以上のお店を持つ大型家電販売ネットワーク。

海外でもマレーシア、インドネシア、シンガポール、香港、台湾、クウェートに店舗を持っていて、とくにシンガポールでは国内3位のシェアを持っているのだとか。

これを読んでいる方にも、ベスト電器が家電のメインショップという方がいるのではないでしょうか。

そんなベスト電器が出店する家電のアウトレット専門店、興味津々です。

ところで、前々から疑問に思っていたのですが、アウトレットってそもそもなんなんでしょう。

で、しらべてみたところ、

「アウトレットとは、もともと英語で「出口」「はけ口」を意味し、シーズン中に売れなくて、在庫として残ってしまったものや、多少傷のあるものが安く販売されているもの」だそうです。

なるほど。

で、気になるベスト電器のアウトレットですが・・・

ベスト電器のアウトレット専門店で取り扱うアウトレット商品は、全品メーカー保証のついている優良品。

さらに、ベスト電器独自の長期保証にも加入できるので、まさに良い品をより安く、さらに長く安心して使えるということが売りみたいですね。

電化製品は、サイクルが早いですが、普通に使うには十分すぎる性能のものがほとんど。

最新ブランドを追いつづけないと気が済まない人ならともかく、普通の人なら、少しくらい型落ちでも十分だと思います。

本州や北海道でも出店していて、調べてみたらうちの近くにもありました。

ホームページからお得なクーポンもダウンロードできるので、印刷して持っていこうと思います。
| 日記 |

オイル交換の重要性



自動車に乗っていると、いろいろなコストがかかりますね。

ガソリン代、駐車代、車検代・・・そして、オイル代とその交換台。

自動車に使うオイルというと、ブレーキオイル、エンジンオイル、ミッションオイル、と必要なオイルはいろいろ。

エンジンの性能や寿命、ブレーキの効きにも関わってくるので重要ですね。

さて、オイル交換の目安ですが、ターボがついていない車では15,000kmの走行 または 1年が目安。

ターボがついている車では2,500kmの走行 または 3ヶ月が目安になります。

オイル交換自体は業者に任せることもできますが、車に乗るのなら、オイルレベル(量)は自分で見れるようにしておきたいところ。

1年交換しなければ即エンジンが壊れるわけではありませんが、オイルが減った状態で運転を続ければ、エンジンは確実に壊れます。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。