日記

スポンサードリンク

デサントのジャージは高性能

ジャージというと、体育の先生が着ているイメージですが、アスリートが着る戦闘服としてのジャージはやはり、違います。

例えば、デサントのジャージ。

吸汗・速乾に優れたドライトランスファージャケットや、スペースシャトルの外壁にも用いられる断熱ガラス微粒子を特殊コーティングした断熱保温素材コズミックフルダルリップを採用したウィンドブレーカージャケット、普段のファッションとしても十分活用できるスタイリッシュなデザインなど、オリンピックでも使われるウェアを製造しているメーカーだけのことはある、と思える商品を次々に投入しています。

デサントは大阪市天王寺区に本社を置く、スポーツウェアの専門メーカーでジャージに関してはまさにパイオニア的存在。

バンクーバーオリンピックの日本選手公式ジャージを手がけたのは記憶に新しいところですね。

国内選手はもちろん、海外選手からの信頼も厚いデサント。

日本のメーカーが世界を相手に活躍しているというのは、やはりうれしいものです。
| 日記 |

オーガニックシャンプーの効用

大気汚染やストレスなど、髪に厳しい世の中、オーガニックシャンプーが人気らしいですね。

最近よく聞く「オーガニック」というのは、有機栽培の意味で、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法でつくられたもののこと。

シャンプーの他にも、オーガニックコットンでつくったタオルや服が有名ですよね。

オーガニックシャンプーで有名なところでは、アバロンやジョンマスター。

特にジョンマスターは、オーガニックであるだけでなく、ノンシリコン・ノンポリマーの、まさに自然由来のシャンプー。

健康で丈夫な髪が生えてくるようになった、というように自然派にこだわる人には高い評価を受けているようです。

オーガニックシャンプーは普通のシャンプーに比べるとやはり割高ですが、長い目で髪の健康を考えれば、投資に値するものかも知れませんね。
| 日記 |

スピーカーの自作は難しい?

オーディオファンも極め出すと、少しでもいい音で音楽を聴きたいと思って、スピーカーまで自作してしまうものだそうです。

スピーカーを自作・・・どうやって?部品はどれを使えばいい?初心者の僕には全く想像できません。

別に自分で作る予定があるわけではないけれど、スピーカーの自作についてちょっと調べてみました。

スピーカーの自作で使う部品を大きく分けると、スピーカーユニットと、外箱に分けられます。

ほとんどの場合は、スピーカーユニットを買ってきて、箱を自分で作るというのが一般的なのだそうです。

ただ、見た目がオリジナルのスピーカーを作れる、というだけではなく、箱とユニットの相性で音が変わるそうなので、部品選びは単純なようでいて奥が深そう。

僕は音は聞こえれば良いと思うし、見た目もそれほどこだわりはありませんが、いつかやってみても面白いかな、と思いました。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。