日記

スポンサードリンク

極端な毎日


毎日毎日本当に相変わらず悲しい話題が多い気がする。

元光GENJI赤坂容疑者再逮捕。

まあ一度麻薬に手を染めてしまうと、断ち切るのが相当難しいという話はよく聞くが、過去に一度逮捕されてその後の仕事も上手くいっていたはずの彼がどうして再び薬に走ってしまうのか?

最近麻薬が本当に気軽に手に入るらしく、高校生や大学生までもが興味本位で使ったりするのは本当にびっくりする。

一度止めようとしても結局元に戻ってしまうというのには何があるのか。

結局つらさやしんどさから楽になりたいという逃げのようにしか感じられない。

今日中学生がいじめを苦に自殺をしたという話題もみた。

僕もいじめられた経験はあるのでつらいのはよくわかる。

自分だけが取り残されてどこに持っていけばいいのかわからないというのもある。

しかし、僕は人間乗り越えられない試練はないと思っている。

皆ここに生まれてきて自分で寿命を決めて、この世界に修行に来ているときいたことがある。

もしそうだとしたら毎日のつらい出来事も全て意味があって、自分がまた大きく成長するために必要なことだと思っている。

僕はつらいことがあったとき、いかにこれを受け止め考え、どう自分に糧を増やしてくれるかを前向きに検討している。

自殺を考えてしまう人というのはもう自分のことだけで精一杯で、世界は終わりだと思ってしまうのであろう。

もし、自分が死んでしまったら家族はどう思うかとかまでは余裕がないのかも知れない。

しかし僕にとって自殺は自分に負けたと考える。

死んだら楽になると思うかも知れませんが、楽にはならなくて結局後悔が残る気がします。

今毎日のように起きている悲しいニュースはみんなが1歩下がって考えれば防げるものばかりな気がする。

そんな悲しいニュースが多いなか、先日京都で火事の現場から4歳児を助けた高校生が春日野部屋に入門したらしい。

この手の果敢な人命救助の話題は最近増えているように思う。

ホームに転落した女性を線路に寝かせ助けた例に始まり、この高校生の話題の後に中学生5人も火事の現場から人命救助したという話もあった。

なんだか最近は良いことと悪いことが両極端というか、同じ人間なのに人を簡単に傷つけ、
死に至る事件を起こす人もいれば、こうやって火事の現場に飛び込み人助けする人もいる。

正直言っていったい世の中どうなっているのかわけがわからない。

良い行動はどんどん取って欲しいが、悪いニュースが今日はなかったという日がほしいものだ。





| 日記 |

殺伐とした世の中


オリンピックが終わったとたん、出てくるのはあまり良くないニュースばかりだ。

政治の方も予算案の話でもちきりだし、実はニュースを見てもしっくりこなくてよくわからない。

子どもが虐待され死んでしまったとか、自転車に乗っていた女性が後ろから歩いてきた男性に殴られて眼球破裂とか、
もう聞くだけで恐ろしいニュースばかりだ。

そうかと思えばチリの地震の影響できた津波が、浜で飼育している生物たちや漁業にかなり影響するという話も聞いた。

ひき逃げもあれだけだめだといっているのに、毎日のように報道されているのはどうしてだろう。

絶対自分には関係ないと思っているんだろう。

今世界で起こっていること全て、全て他人事で、みんな自分のことばかりで精一杯なんだろう。

少し1歩下がって相手の立場に立って考えれば、防げる事故や事件はたくさんあるように思う。

なんだか世の中殺気立っていて、すぐカッとなってやってしまったとかが多すぎる気がする。

殺すつもりはなかったとか 死ぬとは思っていなかったといわれても命がなくなっているのは事実で取り返しがつかないことぐらい自覚して欲しい。

なんだかゲームのリセットボタンみたいに考えている人が増えているのかなあ。

そんななか、劇団ひとりと大沢あかねの間に子どもが授かったというニュースはとても心温まった。

あのふたりは本当に仲良さそうで、ふたり並んでいる笑顔は素敵だなあと思う。

無事に元気な子が生まれて来ることを祈っています。
| 日記 |

オリンピック閉幕


たくさんの感動を与えてくれたバンクーバーオリンピックも閉幕した。

閉会式もTVでやっていたと思うが、なんだか見損ねてしまった。

真央ちゃんが旗手をやったということだけは知っている。

オリンピック後もたくさんのエピソードがあちこちで聞かれるが、あの男子フィギュア、ロシアのプルシェンコ選手が「真央なら4回転も飛ぶのは可能だ」といったらしい。

エキシピションの時に真央ちゃんはプルシェンコ選手にほっぺにキスをしてもらったとか。

彼女の4回転のコーチも買って出たとか。

まあ次のオリンピックはロシアのソチだし、真央ちゃんの元々のコーチタラソワさんもロシア人。

プルシェンコ選手がジャンプのコーチってのはとても可能性大だと思う。

それに実際そうなったら面白い。

日本人最後のメダルとなったスピードスケート団体「パシュート」

0.03秒差で惜しくも銀となったが、このメンバーに入っている田畑選手、穂積選手は富山県にある小さな会社の所属選手。

会社の経営が決して好調といえない中、社長自らの給料を減らしてふたりをバックアップしているらしい。

そんなふたりが取った銀メダルは会社の誇りだと社長のインタビューが載っていた。

フィギュアの浅田選手は中京大、高橋、織田両選手は関西大所属。

いずれも大学内に好きなときに練習できるリンクがあるそうで、大学には良い宣伝になるし選手にとっての環境はすばらしいと思う。

練習環境が整った選手はオリンピック代表にもなりやすけれど、そうでもない代表選手の努力は相当なものではないだろうか?

僕としてはTVで、そういう方の特集をみてみたいものである。

同じスポーツつながりですが、ゴルフの宮里藍さん今期全米ツアー2連勝ってすごいですね。

彼女のTVに映る姿を見て「すごい日焼けで真っ黒」と思ったのは僕だけではないだろう。

次もぜひ頑張ってもらいたい。




| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。