日記

スポンサードリンク

初メダル


今日の一番のニュースはなんと言ってもバンクーバーオリンピック初のメダル。

しかも日本のお家芸ともいわれているスピードスケート男子500メートルですよ。

もちろん仕事だったので家に帰ってからTVで見たのだけれども、結果を知っていても熱くなってしまった。

しかも今回1回目前半の組が終わった時点で整氷機の故障があり2時間ぐらい中断しての再開。

そんな中で、選手の皆さんは調整してきてさすがだなと感心した。

しかも結果は日本人選手 銀 銅のダブル受賞!!

メダルを取った長島選手、加藤選手はお互いいつも良い意味でライバル関係にあったようで、
加藤選手は「銅でこんなに悔しいとは思わなかった」長島選手は「金が欲しかった」と常に上を目指したいと思う向上心たっぷりのコメントでさすがだと思った。

このふたりはきっと次のオリンピックの金を目指してまた切磋琢磨していくのだろうなあ。

オリンピック以外の話題を少々

昨日JR高円寺駅で酔って誤ってホームに転落した女性を見た男性が、とっさの判断で女性を線路と線路の間に寝かせ、電車には接触せず一命を取り留めた というニュースがあった。

えっ?と思ったけれどもなんと女性は転落したときにおったかすり傷だけで済んだらしい。

僕もまさかあの線路と線路の間に寝かせて、電車に接触せずに済むというのはもちろん初めて知ったし、とにかくこの男性の行動に感動した。

こんな心温まる話題があった一方で、走るのが遅いと息子の足を棒で殴り大けがをさせた父親のニュースは、可哀想過ぎてつらかった。

僕も運動は苦手だ。走るのも遅い。しかし怠けているわけではないのだ。

運動音痴は学校でもよくバカにされる。

しかし運動能力だけは生まれ持ったものなので努力しても限界というものがある。

本人は何をするにも一生懸命自分の力を出し切ろうと努力しているのだけは認めて欲しいと思う。

そんなことで親が暴行するというのはどういうことなのだろう。

きっとこの暴行した父親は自分は運動音痴ではなかったのかもしれないなあ

運動音痴の僕からするともう何位であってもオリンピックに出るということだけで、十分に敬意を称したい。

選手の皆様、明日もどうか悔いのないレースをしてくださいね。


| 日記 |

歴史ブーム


今、世の中はちょっとした歴史ブームだ。

戦国武将などが好きな女性が増えており「歴女」と呼ばれている方も増えている。

今日なんとなく本屋に行ったのだが、「読むだけですっきりわかる日本史」という本があり、文庫で気軽だったので購入してみた。

この本は学校で歴史が嫌いだった人でも楽しく読めるように、口調もかなり砕けた感じで書いてある。

よくあるイラストやコマで書いてある日本の歴史本の絵がないバージョンといっても良い。

歴史の教科書に書いてあったような難しい用語はほとんど使っていないか、使っていてもきちんとわかりやすく説明が書いてある。

僕は歴史嫌いではないが、やっぱり学校で習った授業のことはすっかり忘れている。

大河ドラマとかは見ているくせに時代全体の流れが全く覚えていないので、それを確認したくて購入した。

早速読み始めたが、結構楽しい。

そう思っていたらこんな話題をみつけた。

皆さんも使っていた学校の歴史の教科書は山川出版社ではなかったであろうか?

今この歴史ブームに乗って同出版社から「もう一度読む山川世界史」と「もう一度読む山川日本史」の2冊が一般読者向けに教科書を再編集して作られたらしい。

今の歴史ブームに乗ってかなり売上を伸ばしているようだ。

僕もちょっと読んでみてもいいかなあと思う。





| 日記 |

開幕

今日は免許の更新に、運転免許試験場に行ってきた。

朝8時だというのに、会場は人、人、人。

もううんざりしてしまった。

これだけの人(全国だったらこの何百、何千倍だろう)が車を運転していれば、事故も何万、何十万件起こるでしょうね。

で、午前中いっぱいかけて免許の更新が終わったわけですが。

今の免許は、ICチップが内蔵されていて、本籍が印刷されないようになっているんですね。

今までぺらぺらだった免許が、クレジットカードかキャッシュカードみたいに、ちょっと厚くなっています。

僕にはわからないいろいろなメリットがあるのでしょうが、これで本籍地を手軽に確認する方法が一つ減ってしまった。

というわけで、手帳に書き写しておいた。

優良ドライバー(ペーパードライバーともいう)だったので、講習は30分で終了。

家に帰って、今日から始まったバンクーバーオリンピックを見た。

今日見たのは、女子モーグルの決勝。

日本勢、残念でしたね。

でも、若い世代に希望が見えたし、上村愛子選手の涙は美しかったなぁ。

年齢的には、スポーツ選手としては決して若くはないんだろうけれど、もう一花咲かせてくれたらいいなぁと思う。

時間の都合上、見れたのは決勝からだったんだけど、里谷選手を始め、けっこう転倒してしまった選手が多かった気がする。

で、確かアメリカの選手だったと思うんだけど、難易度の高いエアに挑戦して転倒してしまった人がいた。

なぜか知らないけれど、妙にグッと来た。

その選手は、もう入賞は絶対にない、とわかっていても、何事もなかったかのように競技を再開して、2回目のエアをそれはそれはきれいに決めた。

そして、終始笑顔で戻っていった。

こういう、表には出ないドラマに感動できるのも、オリンピックの良いところだよね、きっと。

明日からは仕事だからリアルタイムでは見られないけれど、夜のニュースや総集編で見れるのを楽しみにしようと思う。

さあ、頑張れ日本!

頑張れ、世界のトップアスリート達!!
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。