日記

スポンサードリンク

魁皇関

今日はこんな嬉しいニュースが飛び込んできた。


「魁皇807勝 千代の富士と並ぶ」


魁皇関といえば、あの若貴と同世代の力士。

15年ぐらい前、若貴ブームで相撲は大人気だった。

その若貴も兄はちゃんこダイニングの経営者。
弟は角界を良くしようと改革に乗り出そうと日々奮闘中。

もちろん引退し、現役の力士ではないのだ。

そんな中、ひとり現役で頑張っている魁皇関には本当に頭が下がる。

彼もかなりケガで身体に不安を抱えているというのに本当にすごい。

この記録達成に関して魁皇関は「これからも一日一日頑張っていくだけです。」と特に記録には全くこだわっていないようだ。

もうこの一言に僕はとても感動した。


最近の力士は横綱には日本人がいない。

毎回優勝するのはモンゴル勢がほとんど。

日本人の力士ももちろんいるのだが、優勝どころか10勝できない場合もある。

年長の魁皇関が、大関で優勝しないながらも地道に白星を増やして千代の富士の記録に並ぶということは、本当に精神的に強い人なんだろうなあと思う。

今の若手の力士には魁皇関のような心の強さがほしいなあとと思う今日この頃である。
| 日記 |

困った110番


こんなニュースをみつけた

最近何でもなかんでも110番する人が増えているらしい。

同じマンションの中での騒音苦情。

まだこれならましな方だが、


家で出たゴキブリが駆除できないからなんとかしてほしい

電灯が切れたので取り替えて欲しい


などとかなりふざけたことを110番して依頼してくるようだ。


以前は近所づきあいするのが当たり前だった。

隣人に会えば挨拶するのが普通。

なにか困った事があればお互い助け合える空気があった。

仲が良ければ、醤油の貸し借りからおかずのおすそ分けまでしていた。

今は個が尊重され、一人暮らしや核家族世帯が多くなり、近所づきあいが希薄になってしまった。

ちょっとしたことが頼む人が近くにいないってとっても寂しいことだあなあと思う。

ただ最近すぐ犯罪に巻き込まれたりすることも非常に怖い。

しかし以前TVで近所の絆が強いところは、空き巣の被害が非常に少ないというのもきいたことがある。

古き良き時代の良いところはこれからも続いていってほしいものである。






| 日記 |

思い込み



人間は思い込みの生き物だという。
昔読んだ本にこんなことが書いてあった。


被験者に目隠しをし、真っ赤に焼けた鉄の棒を手に押し当てる、といいボールペンを押し当てると、水ぶくれができたという。


人間の信心・思い込みの力は偉大だ。
そして僕にも、この大いなる力の偉大さを感じる事件が起きた。


冬本番、空気の乾燥する季節。
この季節になると、毎年ノドがガラガラになって、咳が止まらなくなる。
だから、外に出るときはマスクが欠かせない。


昨日はたまたま家のマスクを切らしていて、コンビニでマスクを買った。
うるおいキープマスクと、なかなかに購買意欲をそそる商品を発見して買ってみた。


つけてみると、咳がうそのようにとまった。
ノドが潤うわ〜♪
やっぱりこれからの時代はうるおいキープだよね〜、と一日中上機嫌。


そして今日。
2枚目のマスクを取り出して着用したとき。
袋から何かが落ちたのに気づいた。
よく見ると


「ウェットガーゼ」


どうやらこのうるおいキープマスクは、マスクのポケット部分にウェットティッシュのような湿った布を入れることで、うるおいをキープするものらしい。


ええと・・・僕が感じていたうるおいって一体・・・。


人間の思い込みの力は偉大です。
使い方によって、繁栄にも破滅にもつながるほど大きなものです。
だからマスクの説明書はよく読むようにしましょう。


というすばらしい教訓を得た一日でした。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。