日記

スポンサードリンク

キッチン南海 神保町の満腹洋食ランチ

先日、人気マンガ(アニメ)の「ワンピース」のイベントで大賑わいだった世界一の古書店街 神田神保町。

実は、スポーツ用品店や登山用品店が立ち並ぶスポーツの街、そして大学や専門学校が集まっていることから、学生の街としての側面もあります。

学生街といえば、うまい・安い・ボリューム満点の学生食堂のイメージってありません?

僕も一人暮らしの学生の頃は、よくお世話になったものです(神保町ではないですけどね)。

神保町も例にもれず、安価な飲食店が充実しています。

カレー専門店が多いことから「カレーの街」といわれているのは、ご存じの方も多いでしょう。

他にもテンプラや麺類、洋食、中華などが手軽な値段で楽しめるお店がたくさんあります。

また、昔ながらのレトロな喫茶店が多いのも特徴です。

本の街ということで、文豪が通ったと言われるお店もありますし、近所に出版社が多いので、編集者が打ち合わせをしている姿を見ることもできます。

そんな神保町に昔ながらの洋食店「キッチン南海」があります。

お店の名前の由来は、オーナーさんが南海ファンだったからだとか。

キッチン南海の特徴は、洋食屋さんとは思えない大盛りと、欧風の黒いカレー。

メニューは他にも洋食屋さんならではのミックスフライなど、700円前後が主流。

お店の込み具合によって夜8時前にはしまってしまう、相席当たり前のほのぼのとしたお店です。

高級レストランじゃないとダメ、という方にはおすすめできませんが、1000円あればお腹も心も大満足の学生食堂。

神保町の以外にも、下北沢や小田急相模原、武蔵関など都内を中心にたくさんのお店があります。

各店毎にメニュー・料金・などバラバラですので、食べ歩いて違いを楽しむキッチン南海ファンも多いのだとか。

思う存分古本を見て、お腹が減ったらぜひどうぞ。
| 日記 |

ロストワックス製法で継手を作る方法

個人の趣味として銀細工が流行っているそうです。

自分で使うためのアクセサリが100%オリジナルでつくれるというのは、好きな人にはたまらない魅力なんでしょうね。

そういえば、東急ハンズなどをのぞいてみると、銀細工のための材料や工具がたくさん売っています。

一昔前だったらハンドメイドの銀細工というと、銀粘土(アートクレイシルバー)を使って粘土細工からガスコンロで焼成する簡単なものが主流でした。

でも、最近だと本格的なロストワックス製法が家庭でできるキットなんかも売っています。

ロストワックスというのは、ロウで製品と同じ形状を作り、周りを鋳砂で覆い固め、ロウを溶かして除去することによってできた空洞に金属を流し込む技術。

銀細工以外にも、ゴルフクラブ、美術工芸品、シルバーアクセサリ、タービンブレード、鉄道模型の精密な部品といった複雑な形状のものをつくるときに使われています。

アクセサリの重要なポイントになる継手も凝ったつくりにできるし、失敗して気に入ったものができるまで何度でもやり直せるのもいいですね。

最近だとロストワックスを取り上げた教本がいろいろ出ています。

いきなり道具を買い揃えるのは、値段も高いので躊躇してしまう、という人は1回完結の教室も開かれているので調べてみるといいと思いますよ。

でも、ああいう道具を見ていると、職人さんっていう感じがしてカッコよくてつい買ってしまいそうになりますよね(笑)。

・・・銀細工とかやったことないのに。
| 日記 |

ワックスコードの長さ調整のできる結び方

ワックスコードって言葉、ご存じですか?

僕もつい先日、手芸が得意な友達が買いに行くといっていたのですが、想像できなかったので聞いてみたんです。

そしたら、蝋引き紐のことだったんですね。

ようするにコーティングされた紐のことで、ペンダントなどのアクセサリを手作りときなどに使われるそうです。

手先が不器用なのでああいうことができる人にはちょっと憧れますね。

で、たくさん作ったということで、1つもらったのですが、個人が趣味で作ったものとは思えない出来栄えですね。

地味なルックスなので(苦笑)、普段はアクセサリとかつけないのですが、いい出来だったので休日は付けようかなと思います。

で、ちょっと面白いなと思ったのが、ペンダントの紐の結び方。

編み上げられたワックスコードでつくられているのですが、なんとスライドすると長さが調整できるんです。

文章ではなかなか説明が難しいのですが、ワックスコードの両端が結び目になっていて、2つの結び目があります。

そして、その結び目をずらすことで長さが調整できるんです。

なるほどなぁと思いました。

ワックスコードって表面がツルツルしているから、抜けてしまうんじゃないかと思ったのですが、ちょっと引っ張ってもほどけません。

ちょっとホームページを調べてみたのですが、「ワックスコード 結び方」で検索すると、いろいろな結び方や編み方が見つかりました。

大げさかもしれないですけど、紐の結び方って本当にいろいろあるんだなぁと感心してしまいました。

今度、ペンダント以外の自作アクセサリのコレクションを見せてもらえることになったのでちょっと楽しみです。

ちょっと自分でも作ってみたくなったので、簡単にできそうならやってみようかな、とも思いました。
| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。