日記

スポンサードリンク

ラーメン道

基本的に外食はしない主義だ。
なんだかんだ言って家で食べるのが一番。
安く済むし、栄養バランスも自分でコントロールできる。


職場にも弁当持参だ。
最近、サラリーマンに弁当箱が売れているらしい。


一昔前はオフィスで弁当なんか広げてるのはよっぽどの
愛妻家ぐらいだったのに、時代は変わった。
草食系男子ってのが増えて、若い独身サラリーマンも
凝った弁当を持ってくるのだという。


そんな僕でも、たまには外でコッテリしたものを食べて
みたいなぁと思うことがある。
そんなわけで今日は夕食にラーメンを食べてきた。


僕が学生の頃は、結構まずいラーメン屋ってあった気がする。
いかにも脱サラした素人が夫婦でやってますって感じのところ。
ラーメンに限らず、今、食べられないほどまずい店に
出会うことってそうそうない。


値段、味において、平均ではやっていけない。
きっと、水面下で激しい競争を繰り広げているに違いない。
消費者にとってはありがたいことだけど、経営する側は本当に
大変だと思う。


で、久しぶりに食べたラーメンと餃子。
美味しかった。


で、食べ終わって何気なく壁を見ていたら、一枚のポスターに気がついた。


「絶品プリンはじめました。お試しください。」


ラーメン屋でプリン?


僕がうといだけで別に珍しいことじゃないのかもしれないけれど、
面白いなと思って注文してみた。


うまーーーーーっ!!!


後から冷静になって考えれば、コンビニやスーパーで売っている
ちょっと高めのプリンと同じくらいのものだと思うんだけど、
ラーメン&餃子でコッテリした口に爽やかな甘味が実に心地いい。


一見、ありえないと思う組み合わせは、ハマると強い。
ラーメンにはスイーツ。


良いです。

| 日記 |

家電は続くよどこまでも

不況と呼ばれるようになってから久しい。
入るお金も少なくなったが出るお金も少なくなった。
今、ものが何でも安い。


おかげで我が家の家電はなかなかに充実している。


プラズマテレビ
ハードディスクレコーダー
画面が大きくて速いパソコン
乾燥機付洗濯機
空気清浄機

などなど


普通に生活するには十分すぎる装備だ。


と、思っていたのだが、最近また新しい家電を買った。


それがジューサー&ホームベーカリーだ。


ジュースも食パンも、近所のスーパーやコンビニに
いけば売っている。

最近ではスーパーも深夜までやっていることが当たり前だから、
いつでも手に入ると言ってもいい。

それなのに、なぜ、わざわざ手間のかかることを始めたか。


答えは安心感だ。


日本人は豊かになった一方で、安全・安心という大切な宝物を
失ってしまったような気がする。


材料の分量を計るのは面倒だし、洗い物も増えた。
でも、そこには自分で材料を選んで、余計なものが一切入って
いないという安心感がある。


そして、絞りたてのジュースと、焼きたてのパンは最高に美味しい。
美味しいものは体だけじゃなく、心も元気にする。


まあ全部、美味しんぼのうけうりなんですけどね。


さあ、パンが焼けたぞ。

| 日記 |

ニューヨーク

いつも通り、ipodで音楽を聴きながら電車に乗った。
最近よくやるのが、ランダム再生。


どの曲がかかるか、その瞬間まで分からないのがいい。
聴き飽きた音楽コレクションをもう一度聴き直すためのおすすめテクニックである。


今日の一曲目はビリージョエルの「New York State of Mind」。
しっとりしたピアノに枯れた感じのボーカルが心地よく絡む名曲である。


この曲が流れ出すと、必ず思い出すことがある。


それは10年前のある友人との会話。


「ニューヨークってどの辺にあるの?」
「アメリカの一番下の方でしょ?」
「・・・ニューヨークって国じゃないの?」
「は!?」


その友人は、今でもニューヨークという単語が
登場するたびにこのエピソードを持ちだしてくる。


形は違えど、こういう勘違いって誰でもあると思う。


出不精を「デブ症」だと思っていたり。
シミュレーションを「シュミレーション」だと思っていたり。
歌のさわりを「イントロ」だと思っていたり。


でも、もしかしたら一生、それに気づかないで過ごす
ことだってなきにしもあらず、な訳で。

また、些細な勘違いが無知のレッテルを貼られる惨事に
発展する可能性もあるわけで。

そういう意味では、そういう他愛ないところで気づかされ、
教えてもらえたのはラッキーなことだと思う。

取引先の専務とかと話をしていて、発覚しようものなら
・・・想像するだけでオモシロ恐ろしい。


ちなみに、10年前のエピソードをいまだに引っ張ってくる友人は、
今妻となって隣にいる。

| 日記 |
スポンサードリンク

Copyright (C) エブリデー実践日記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。